ルールがある以上ダメなものはダメ

2018.05.19 22:37
「悪質タックル」
その意味が分からなかった。

1・2の三四郎でラグビー知って彼女の影響でアメフト見てたので少しはルールは分かる。

その中でよく言われる悪質タックルというのはハイタックルというやつ。
ルール上、胸より上にはタックルしてはダメで、要はプロレスのラリアットみたいな状態になるのだけど、昔は「クローズライン」という名前で合法タックル。
ちなみにスタンハンセンのウエスタンラリアットは、このクローズラインを応用したもの。

ただこのハイタックルは受け手が仕向ける場合もあるので色んな意味で「悪質」と取られていた。

だけど映像見て愕然とした。
「これはヤベェやつだ」と。

ただおかしいのは、名門校で部員が100人前後いる中を押しのけてレギュラー掴んだ選手なのでルールぐらい知ってるはず。
そんな選手がそんな反則犯すだろうか。

そうなれば監督が指示したとしか思えない。

かつて松井に5打席連続敬遠を指示した明徳義塾馬淵監督は「選手には松井が打つと波は向こうに移るので作戦を指示した。生徒はそれに従っただけ。責任は私だ!」と言い切ってバッシングを受けたけど、時を経て評価もされた。

だけど今回はどうだろうか。
高校の時に上級生から言われた「あの先輩にケンカ売ってこい。何かあったら俺が止めるから」という展開みたいなものか。

指示してそれが後ろめたさのない物なら正々堂々出てくればいい。

そして僕はこの仕事に自信を持っています。

そしてぽっちゃり倶楽部ではキャストさんを大募集しています。
貴女の個性は当店が評価致します。
是非お気軽にご検討ください。
 
店長ブログ一覧に戻る