土田晃之が矢口真里の復帰にダメ出し「もうちょっとコテンパンにされないと」

芸能2014年10月28日20時00分配信元:トピックニュース

26日放送の「日曜のへそ」(ニッポン放送)で、お笑い芸人の土田晃之が、矢口真里の「ミヤネ屋」出演について、厳しくダメ出しをした。

矢口の出演について、土田は「ちょっとないかな~、僕的には」と切り出し、「(周囲がずっと)大変だったねー、大変だったねー(って励ます)みたいな番組で」と、他の出演者が矢口に対して甘かったことに苦言を呈した。

さらに「もうちょっとコテンパンにして、番組中に矢口ちゃんが泣くくらい追い込んでたら、かわいそうだって世間はなると思うけど」「大変だったねって言うけど、そもそもの原因はお前が旦那いない間に男を連れ込んだからじゃねーのかってなっちゃうんですよ」と持論を展開した。

土田の見解に、番組ゲストの池上彰氏も「そっか、コテンパンになった方がみそぎもすむわけだー」と同意をみせた。

土田は、一度叩かれ尽くされれば、他の番組に出演した時もみんなが「ネタにしやすい」と語り、「あんな(会見が)フワッとしちゃったら、よその番組出ても、みんなそこをいじれないし、前みたいな感じで接することができないと思うんですよね」と意見を加えた。

過去にスキャンダルを起こした指原莉乃と峯岸みなみについては、「罰」を受けたため、共演者もスキャンダルについてツッコミを入れることができたと、土田は例をあげた。さらに土田は、乃木坂46の松村沙友理らのような明確な罰を受けていない芸能人は、共演者にとって扱いづらい存在となり、結果的に「損をする」と、力説した。

池上氏は「さすがだなー」と土田を賞賛し、「土田晃之の芸能ニュース解説でした!」とユーモラスに話題をまとめてみせた。

関連記事