千原ジュニアが酔っ払って不思議な行動を起こす「乳首を触る」「後輩にお尻を見せる」

芸能2015年04月17日19時00分配信元:トピックニュース

16日放送のバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、千原ジュニアの酔っ払いエピソードが明かされた。

番組では「お酒飲みすぎちゃう芸人」と題し、お酒好きの芸人たちがスタジオに登場。普段は知的なお笑いで厳しいイメージのあるジュニアが、酔っ払うとどうなるのか、VTRで検証した。

自宅で泥酔して寝ているジュニアを、お笑い芸人のタケトがレポート。タケトいわく、酔ったジュニアを起こすと、絶対に「よし!」と言うのだとか。そこで別の後輩芸人が「ジュニアさん、そろそろ失礼します」と声をかけたところ、ジュニアは起きて、「よし」と一言つぶやいた。

VTR後、スタジオでジュニアは、後輩たちは自分が酔っ払ったことを見抜いており、そこには2つのサインがあることを明かした。そのひとつが「Tシャツの首もとを引っ張る」ことで、ジュニアがTシャツの襟ぐりを伸ばし始めるのは、酔っ払ってきたサインなのだとか。

もうひとつが「自分の乳首を上下にさわさわと触り始める」ことで、これは記憶が無くなるサインだという。乳首を触る行動は、兄の千原せいじもするそうだ。

番組中盤、ふたたびタケトがジュニアの酔っ払いエピソードを証言。自宅で飲んでいたときに酔っ払ったジュニアが「尻のほっぺたが黒くなってきたんやけど、どうしたらいいかな」と真剣なようすで相談してきたことを暴露した。

タケトは聞かれてもわからないので、何も答えないでいたのだとか。するとジュニアはその場でパンツを脱いで、「この黒い部分やけど…」と、お尻を見せてきたのだという。

ジュニアは、タケトにお尻を見せたことは覚えていないが、自分のお尻の一部が黒ずんでいることに気づき、どうしたものかと気になってはいたそうで、「親友のタケトに相談したんですね」と恥ずかしそうに漏らしていた。

関連記事