デリヘル三種の神器と言えば②

2018.04.05 21:33
デリヘル三種の神器と言えば①のつづきを書いてみます。


ちなみにデリヘル三種の神器とは、次の三つ

ローション

イソジン

グリンス



では、今日はイソジンについて


イソジン

殺菌・消毒作用をもつポビドンヨードを主成分とした株式会社明治による医薬品のブランド名。
うがい薬、手指の殺菌消毒薬、傷薬などがある。
米国系製薬会社のムンディファーマがポビドンヨードを開発し、1961年に明治製菓株式会社(当時)がムンディファーマと技術提携し医療用の殺菌消毒剤として売り出した。
83年には一般用医薬品のうがい薬を販売開始し、85年にテレビCMで登場した商品キャラクターの「カバくん」と共に広まった。


とありますが・・・
「イソジン うがい薬」の画像検索結果
この画像を見れば

見たことあるー!!

家でも使ってたー!!

という女の子も多くはないかもしれませんが、いらっしゃると思います。

このイソジン、デリヘル以外の風俗店においても、おそらく90%以上、いやもっとそれ以上の割合で使用されていると思われるマストアイテムの中のマストアイテム。

もちろん、当店でも女の子全員に支給していますし、接客前、接客後とも、必ずお客様と一緒にうがいをするように指導しています。

お客様のみにイソジンを使ったうがいをしてもらうだけでなく、必ず女の子もイソジンを使ってうがいをしてくださいね。

このイソジン、いったいどんな効果があるかと言えば、なんと言っても【口臭予防に効果大!】

これに尽きます。

デリヘルをはじめとする風俗店では、キスは基本中の基本プレイ

キスをする時、お客様のお口がちょっと匂って。。。となると、やはり女の子のテンションも下がってしまうのは当然の事。

ですが、それは裏を返せば、お客様だって同じ考えでいて当然ですよね?

可愛いお顔をした女の子とキスをすると・・・う~ん。。。お口臭いやん!!となると、それだけで萎えてしまう男性もいらっしゃるかもしれません。

基本プレイの中の基本プレイであるキスだからこそ、お互いが不愉快な気分になる事を少しでも抑える必要があるんです。

つまり、イソジンでのうがい=風俗店における最低限のマナーだと考えていただければと思います。

つづく
店長ブログ一覧に戻る